屋内型トランクルームのメリットデメリット

セキュリティ面で安心

季節外れの衣類、電化製品、アウトドア用品などを保管する目的でトランクルームを利用している人は少なくありません。一口にトランクルームといっても種類がたくさんありますが、とりわけ屋内型のトランクルームの利用を希望する方は多いです。屋内型トランクルームの最大のメリットは、セキュリティ面が優れていることです。スタッフが常駐しているところが多い上に、防犯カメラを標準装備しているからです。また、共用部分への入口に電子錠を導入しているトランクルームも少なからずあります。したがって、盗難に遭う可能性が低く、大切な品物でも安心して保管することが可能です。また、不審者に遭遇するリスクも低いので、女性でも安心して利用できます。

空調設備が整っている

屋内型トランクルームはセキュリティが良いので、大切なものを保管したいという方にうってつけといえるでしょう。ただし屋内型トランクルームはビルの中で荷物を保管するため、利用にかかる料金が高い点がデメリットだといえます。経済面では優れていないので、荷物の保管のためにお金をそれほどかけたくない人には不向きだといえます。その他にも、屋内型トランクルームの場合、荷物の運搬に手間と時間がかかるのもデメリットです。屋外型トランクルームならば車を横につけられるので、荷物をスピーディーに運び込むことが可能です。しかし、屋内型だと建物の中にあるので、台車などを使って荷物を運び入れなければいけません。とりわけ荷物が大量にあると何度も往復しなければならず、面倒に感じることでしょう。

レンタルコンテナは、ひと月あたり数千円の費用が掛かりますが、自宅に収納するのが難しくなった衣料や家電製品、家具などを保管する際に役立ちます。